十川皓介「忘れがたき」その2 ”おべんとうのヒライ”

第二弾です。どうも十川皓介です。
「忘れがたき」と称して、忘れえぬ思い出、スーベニア、形見、諸々を甘酸っぱく苦しょっぱく語っていきたいと思います。
忘れがたき.png

今回は
おべんとうのヒライ

飯テロ企画だ!覚悟しろ!

ご存じない方が大半じゃないでしょうか。
熊本・福岡を中心に展開する、お弁当、お惣菜屋さんです。
地元の方でも「ああ、ヒライね」となる人は通だと思います。たぶん。

幹線道路とかにあるイメージですね。
大きいパリミキの眼鏡屋さんとか、トイザらスとかあるような道路の脇にある感じですね。
(スーパーやデパートの中にもテナントショップがありますが、今回は度外視させていただきます!)

僕は福岡でサラリーマンをやっていました。
主に外回りで、
福岡県南部(久留米あたり)から、熊本県南部、大分県(日田)、佐賀(鳥栖あたり)をブンブン回っていました。
朝から晩までブンブンしてたので、一日の楽しみはたった一つ、昼めしでした。

つまり十川皓介の昼飯の流儀だ!

朝6時に出て夜24時を超える時間に帰るような日々でしたので、あんまり趣味に費やす時間もなく、
お金に余裕があったので(今は家賃が払えるかどうかギリギリの生活です)、毎日の昼飯の上限は1500円でした。
リッチでしょ。
でもそうでもしないと精神保ってらんなかったんですって。
時間以上にハードな仕事内容だったもので、どっかで精神を落ち着けるポイントが一日の中にないとどうしようもなかったんです。


社会人一年目、怒られ詰られ責められて、それでもおいしい昼飯があればなんとかなってたんです。

先ほど言ったように、方々に営業車で飛び回っていたので、行く先々でおいしい店を見つけてはウシウシしてました。
で、ちょっと時間がないとき、満腹に満足に食べられる店の一つが、

そう、
「おべんとうのヒライ

チェーン店ですが、よく行ってたのは熊本の荒尾にある荒尾店です。
(久山とか夜須にも行ってましたよ)

お弁当のヒライは、イートイン と お惣菜やさん が合体していて、
まるでテーマパークに来たみたいだぜ テンション上がるなぁ~

arao_01.jpgarao_02.jpg

牛丼やうどんを注文して、その間に横のお惣菜やさんで思い思いの総菜を買い、
一緒に食べられるのです。
油断するととんでもないことになるのは言うまでもない。

うどんに芋天や茄子天を追加したり、カツカレーにから揚げやコロッケを追加できるのだ。
お値段もリーズナブル。

ここで僕のおすすめを紹介したいのだけれども、基本的に「全部すき!」になっちゃうので、厳選していきます。

osusume_30.jpg
名古屋海老天丼! 520円
味が濃すぎて下のご飯をおかずにご飯が食える。っていうか、三尾も入ってるってすごくね。で、520円よ。
よくある痩せた海老じゃないんですよ。プロテインでも採ってんのかってくらいの身。

osusume_27_00.jpg
元気親子丼 490円
「もう死んでるのに・・・」でおなじみの元気親子丼。ちょい甘目で玉ねぎたっぷり。
すげえ好みだった。
かあちゃんの作る親子丼と称する80パーセントが汁で構成されるあの汁丼とは違う!
と思いながら噛みしめていた思い出。

osusume_28.jpgosusume_27 (1).jpg
そしてザ・カツどん(左) と 大江戸カツどん(右) 両方500円。ワンコイン。

このお弁当のヒライを象徴する、カツどん二大巨頭。
この二つの好みについてはヒライマニアの間でもしばしば喧嘩が起こるほどの二大勢力であり、台風の目。

ザ・カツどんは卵はよく火が通っており、しっかり煮込んで、トンカツにまでしっかり出汁がしみている。
大江戸カツどん。こっちは卵は半熟で、トンカツは煮込まれていない。カラっとしている。

この大きな違い。
僕は気分によって変えていたが、割と意見が割れていて、排他的な意見をお持ちの方が多かったと思う。
悲しい話だ。だから戦争はなくならないのだ。


osusume_09.jpg
肉うどん 390円
これは外せない、福岡の肉うどん。干し肉なんだよね。ちょっとカリっとしてるやつ。
これが福岡の肉うどんばい。
僕はなんらかの丼めしとこの肉うどんをセットで食べていた。

よくわからないが、おべんとうのヒライのおばちゃんたちはだいたい馴れ馴れしく、調理場のおじちゃんはもっと馴れ馴れしい。

「ホントに食えるとね!残さんでよ!」とか
「また肉うどんね!ああコロッケまで突っ込んで!なんばしょっと!」
「もっとよく噛まんね!誰もとらん!」
だいたい怒られてるな。
ちょくちょく「よく噛んで喰え」って言われてた。
いちおう急いでたもんでね。

それと忘れられない、ヒライ名物。
だいたいランチが11時から12時と早めだったので、昼下がりにおやつとして買っていたコレ。

chikuwasarada.jpg

ちくわサラダ。ちくわサラダ物語なんてものがあるのね。へー。
ちくわの中にポテトサラダが入っているのです。で、てんぷら。
僕の昼おやつは、SOYJOY、一本満足バー、そしてちくわサラダだった。このローテーション。
これがまー腹持ちがいい。
一個でご飯二杯くらい食った気になる。

・・・とある日に、どうしても昼ごはんが食べられず、まる一日なにも食べられない日があった。
その日はとくに理不尽な理由でお客さんに罵倒され、一日の仕事が台無しになった。
すべての予定が狂い、昼飯を抜いても結局間に合わず、先輩方にも迷惑をかけた。

社会人一年生めの僕には他人の理不尽に慣れておらず、そのお客さんをとにかく憎んだ。
憎んでも腹は減る。真っ暗になった夜10時前、直帰する旨を上司に伝え、「おべんとうのヒライ」で晩御飯を食べることにした。

なんだかんだいって元気なく、カツカレー普通盛りのみ。(いつもはそこに、うどんかそばとお惣菜がつく)
田舎の方だから働き手も少ないのだろうか、いつも昼にいる面々と同じ店員さんだ。

時間的に、もうすぐ閉店するのだろう、いそいそと閉店準備をしている。
いつも馴れ馴れしい店員さんたちの背中を見て、僕はトンカツをほおばりながらいつの間にか泣いていた。

なぜ俺はこんな時間に、ここでカツカレーを食っているのだろう、と考えてしまうと感情がぐちゃぐちゃしてくる。
ちょっとむせたりしてる。

ふと、背後から皿が置かれる。
いつものちくわサラダだ。二本。

「よく噛まんといかんよ」

それだけ言っておばちゃんは外のノボリを回収しにいった。

腹八分目。さすがちくわサラダ。重い。僕はおばちゃんに笑顔と会釈とをお返しし、またおばちゃんも特になにを言うでもなく会釈を返した。

僕はたくさんのものを噛みしめて、夜の高速道に乗って家路についた。


なんて話でした。やさしさの話ってどこにでもあるもんなのよ?一生懸命生きてればね。

お腹すいてきたかい?

福岡の人はぜひ、おべんとうのヒライを探していってみよう。


店舗検索なんかもできますよ


この記事へのコメント

最近の記事


ポッドキャスティングランキング